正規の貸金業者から借りたい

【良心的な街金を厳選】1万円〜の少額融資もOK!どうしてもお金が必要な方必見!

少額キャッシング

ヤミ金を探している方、
とにかくお金が必要なのに
\融資を全て断られた方におすすめ/

最短15分で口座に振り込んでくれる!


 

1万〜5万円だけでも貸してくれる街金融

  • 今すぐ現金が必要だけど給料日まであと1週間もある、、、
  • 急な不幸ごとでお通夜や葬儀にでないといけないけどお財布が空っぽ、、、

そんな時、強い味方になってくれるのが街金融のキャッシングサービスです。

ここで紹介しているキャッシングサービスであれば、担保も保証人も不要で、パソコンやスマートフォンを使って申込むことができるので、外出不要で自宅や職場にいながらお金を借りることができます

申込みは24時間受付中で、その金融業者の営業時間内であれば最短即日での融資も可能となっています。

ネットから申し込み後、審査に通ればすぐにお金を銀行口座へ振り込んでくれますので、急ぎの用件でお金が今すぐ必要な方におすすめです。

一般的には最低融資額を10万円としている貸金業者が多いため、ほんの1〜2万だけ必要な場合でも必要金額以上の額を借りなければいけませんが、ここで紹介している街金融であれば1万から5万円の少額融資にも対応していますので必要以上のお金を借りずにすみます。

スポンサーリンク

 

全国対応!貸付実績が豊富な消費者金融

  • 銀行カードローンの審査に落ちた。。。
  • プロミスやアイフルで借りることができなかった。。。

という方でも申し込むことができる中小消費者金融を紹介しています。

全国対応となっていますので、日本全国どの都道府県からでも申し込みができ、審査に通過後すぐにお金を自分の銀行口座へ振り込んでくれます。

中小規模の消費者金融は、大手消費者金融のアコムやSMBCモビット、プロミスやアイフルのような広告宣伝を行っておらず、知名度もありませんので、聞いたこともないような会社名ばかりではないでしょうか。

ですが、ここで紹介している金融会社は、金融庁や都道府県知事から正式な認可を受けて貸金業登録している正規の貸金業者になります。

法外な利息を請求したり、違法な取り立てを行うようなヤミ金融やソフト闇金、悪徳金融は除外していますので、安心してお申込みください。

パソコンやスマートフォンを使って申込みから契約、融資依頼の手続きができますので、わざわざ金融会社の店舗へ足を運ぶ必要がなく、誰とも会わずにお金を借りることができます

独自の審査基準で融資実績が豊富!

来店不要で全国対応!
\お金を借りるなら安全なところで!/

【即日融資もOK】安全な金融会社


 

激甘審査の消費者金融は存在しない?

消費者金融に融資の申込みをすると審査が必ずおこなわれますが、どうしても今すぐお金が必要な方の中には、誰でも借りれる金融会社はないのだろうか、、、と、審査が甘いところを探している方も多いのではないでしょうか。

ですが残念ながら、申し込んだら誰でも借りれるというような激甘審査の消費者金融はありません

消費者金融からすると、貸したお金は必ず返してもらわなければいけませんので、その利用者に返済能力があるかどうかしっかりと審査をする必要があるのです。

ただし、現実として、過去に自己破産をした方や信用情報にキズがある方の場合、大手や銀行に申し込んでも借りれないのですが、中小の消費者金融だと融資を受けられることがあります。

そして、その方々が「審査が甘かった」と口コミサイトに投稿することはあるでしょう。

そこでここでは、過去に延滞や債務整理、自己破産など、金融事故の履歴があるブラックの方へ貸付実績がある街金融を紹介しています。

無職の方や延滞中の方は借りれませんが、いま現在、職に就き安定した収入があれば融資を受けれる可能性は十分にあります。

> > 金融事故歴ありの方への融資実績がある金融会社
 

来店不要で全国対応の街金融

スマートフォンやパソコンを使って申し込めば、審査後にお金を銀行口座へ振り込んでくれる貸金業者を紹介しています。

こんな方におすすめ

  • 急な入用で今すぐ現金が必要
  • 今日中にお金を借りたい
  • 大手に申し込んだが断られてしまった
  • 過去に長期延滞や債務整理をしたことがある
  • お金借りたいが、審査通らない

契約が完了すれば口座への振込融資となるため、わざわざ金融会社の店舗や事務所に足を運ぶ必要がなく、ネット上で手続きができるので誰とも会わずに融資を受けることができます

また、原則として担保も保証人も不要なので、お金を借りることを家族に相談する必要がありません

アコムやプロミスなどの大手消費者金融のようにテレビCMなどで宣伝しているわけではないので、初めて耳にする会社名ばかりかもしれませんが、国や都道府県から貸金業として認可を得ている「正規の貸金業者」のみを厳選していますので、安心してご利用ください。

お金を借りるなら安全なところで!

来店不要で全国対応!
\独自の審査基準で融資実績が豊富!/

【即日融資もOK】安全な金融会社


 

超ブラックの方への貸付実績がある金融業者

借金の残高が総量規制(年収の3分の1)の上限に達している方や、今ある借金の返済が遅れている方など、いわゆる「超ブラック」の方への貸付実績がある金融業者を紹介しています。

  • 総量規制ギリギリの融資を受けている
  • 今契約している借入れの返済が遅れている
  • 多重債務の超ブラックだが闇金以外で借りれるところを探している

という方々におすすめです。

年収の1/3以上の融資を受けるのであれば、総量規制対象外のローンを利用する必要があります。

そこでここでは、総量規制でどこも借りれない、4社以上でも借りれるところを探している、、、という方におすすめの総量規制対象外ローンをご紹介致します。

急ぎの資金が必要な方、家族に内密にしたい方、既存の借入れをまとめたい方、事業資金として必要な方も是非一度ご検討ください。

午前中の申込みに限り最短で当日融資可能、他の金融機関では取扱えなかったケースでもお気軽にご相談ください。親切丁寧に対応してくれます。

> > 総量規制対象外のローン
 

超絶ブラックでも借りれた金融業者

現在も延滞中の借金を抱えている方や、その借金が総量規制オーバーの方など「超絶ブラック」「スーパーブラック」「超ブラック」と呼ばれている方々のなかには、急な出費でどうしても今すぐお金が必要だけど、どこも貸してくれない、審査が通らない、、、という方も多いのではないでしょうか。

他にも、

  • 借金の返済を延滞している
  • あちこちから借りて多重債務状態
  • 総量規制ギリギリでも借りれる融資先を探している
  • とにかくお金をすぐに借りたい
  • 知っている消費者金融は全部断られた
  • 闇金や違法な金融業者とは関わりたくない

という方もいらっしゃるでしょう。

過去に長期延滞や債務整理などの金融事故を起こしたブラックの方を含め、現在延滞中や総量規制超えの多重債務者の場合、アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融ではお金を借りることはできないでしょう。

大手の場合、申込みをすると、まずはコンピュータで自動審査されるため、その時点でブラックの方は弾かれてしまいます。

一方、独自の審査基準で柔軟に対応してくれる中小消費者金融の場合は、過去に金融事故を起こした方でも、自己破産などの債務整理を行い、返済の義務を免除されている状態で、更に、今現在きちんと職に就き安定した収入があれば審査に通る可能性はあります。

ただし、現在も延滞中の方や年収の3分の1以上の借金がすでにある方は中小消費者金融でも借りることはできません

そこで、ここでは総量規制超えの超絶ブラックの方や、現在延滞中のスーパーブラックの方でも申し込むことができる金融会社を紹介しています。

どうしても審査が行われるため、「誰でも絶対に借りれる」「無審査でブラックでも借りれる」とは言えませんが、急な入用で今すぐ現金が必要な方や、生活費がどうしても足りたいという方は一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

どんなにお金が必要でも、法外な利息を請求したり、違法な取り立てを行うヤミ金やソフト闇金、090金融は利用しないようにしましょう。

総量規制ギリギリなら

総量規制でどこからも借りれない、4社以上でも借りれるところを探している、、、という方には総量規制対象外のローンがおすすめです。

総量規制対象外ローンには「除外貸付け」と「例外貸付け」の2種類があり、「除外貸付け」は総量規制の借入れの計算に含めない貸付けで、不動産担保貸付や住宅ローン、自動車ローンなどになります。

一方、「例外貸付け」は借入残高として算入しますが、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付けで、要件を満たしていれば総量規制以上の金額を借りることができ、おまとめローンや配偶者貸付、個人事業主への貸付などがあります。

> > 総量規制対象外のローン
 

お金が貯まらない理由とは?詳しい原因を解説

節約
どんなに努力してもお金が貯まらないと感じたことはありませんか?経済的に一歩前進しようとするたびに、予想外の出費に見舞われて2歩後退してしまうような気がしたことがあるでしょう。私にもそのような経験があります。

実際、私が知っているほとんどの人が、一度や二度は経験しています。だから、少なくともあなただけではありません。しかし、だからといって、それを受け入れるべきではありませんよ。最終的にコンスタントにお金を貯められるようになりたいのであれば、自分の経済生活をしっかりと把握する必要があります。

この記事ではお金が貯まらない最も一般的な10の理由と、それを克服する方法を明らかにします。お金をどうしても貯めたい方やお金のない現状から脱出したい方は、ぜひ読んでみてください。

お金の使い方がよくわかっていない

お金を貯めるために自分の財務を適切に処理することは、自然なスキルではありません。言い換えれば、ある日突然、目が覚めたかのように金銭的に優れた判断ができるようになるわけではないのです。お金と上手に付き合いたいなら、お金と上手に付き合う方法を学ぶ必要があります。

そのためには、時間とエネルギーをかけて、パーソナルファイナンスの知識を身につける必要がありますよ。そのためには、本を読んだり、パーソナルファイナンスのブログ(できればこのブログ)をフォローしたり、パーソナルファイナンスの授業を受けたりします。いずれにしても、お金の扱い方のイロハを学ぶことを仕事にしてください。

緊急事態や予期せぬ出費への備えができない

予期せぬ出費は、お金を貯める上で最も損をすることのひとつです。冒頭で述べたように、一歩前進した後に二歩後退したようなものと言えます。しかし、正直なところ、「予期せぬ出費」という言葉はちょっと言い逃れのような気がするのです。なぜなら、予期せぬ出費(医療費、車の修理、家の修理など)は人生でよくあることであり、たまに出てくることを想定しておくべきだからですよ。

さらに、緊急資金を貯めることで、それらに備える必要があります。もし、あなたが緊急の出費に備えるための時間を取らなかったとしたら、おそらく、その出費のために何らかの借金をすることになるでしょう。これでは家計の運営に支障をきたしますし、緊急事態のために借金をすることで収入が減り、お金が貯まらなくなってしまいます。

予算に見合った生活ができない

どうしてもお金が貯まらない、予算を決めて生活していないという人は、今からでも予算に見合った生活を始めてみてはいかがでしょうか。毎月の貯金額を増やしたいのであれば、予算を立てることは絶対に必要です。

予算を立てることは、経済生活の計画を立て、その進捗状況を確認するための最良の方法ですよ。それができていないのに、どうやってお金を貯めようとするのでしょう。お金を貯めることを優先するのであれば、今すぐ予算を立てて、積極的にお金の管理を始めるのが最善です。

クレジットカードの借金がある

クレジットカードの借金は、経済的に最悪なものの1つです。身の丈以上の出費が簡単にできる上に、高い金利でお金を吸い取られるため、クレジットカードの借金があると、お金を貯めるのがより難しくなります。また、カードローンは長期間に渡って生活の中に残ります。

最初は何でもないような小さな残高でも、だんだんと増えていき、気がつけば最低支払額だけで月に何百ドルもかかるようになってしまうのです。カード会社に支払う1ドルは、貯蓄に回すことのできない1ドルと言えます。お金を貯めたければ、クレジットカードの使用をやめて、この悪循環に終止符を打ちましょう。

車にお金をかけている

アメリカの平均的な車の支払額は月に500ドル以上だということをご存知ですか?しかも最悪なことに、ローンの期間はどんどん長くなっています。クレジットカードと同じように、車の支払いを毎月行っていると、貯金できる金額が大きく制限されてしまいます。考えてみてください。毎月500ドルの車の支払いをしていると、年間6,000ドルの貯蓄を犠牲にしていることになります。これは非常に大きな金額です。

この金額があれば、年に2、3回は素敵な旅行に行くことができます。あるいは、そのお金を緊急資金として投入し、予想外の出費に備えることもできるでしょう。また、老後の生活費に充てて、数十年後の成長を見守ることもできます。車の支払いは、お金を貯めるのを難しくします。お金を貯めたいなら、車を完済するか、売ることを検討すべきです。

高すぎる家を購入した

多くの人は、自分が買える以上の家を買ったことを認めたくありません。しかし、月収の25%以上を住宅ローンに充てていて、お金が貯まらないようであれば、正直なところ、家が主な原因だと言えます。これはよく「ハウスプア」と呼ばれています。貯金をするには、家が大きな障害になりますよ。

その上、車の支払いやクレジットカードの借金が重なると、お金を貯めるチャンスは一気に減ってしまいます。誤解のないように言っておきますが、私はあなたに家を売れと言っているわけではありません。ただ、「なぜお金が貯まらないのか」と悩んでいる人は、自分の住宅ローンを正直に評価し、それがお金を貯めることを妨げていないかどうかを見極めるべきだと言っているのです。

必要なものと欲しいものを混同している

欲しいものと必要なものは非常に異なるものです。お金がなかなか貯まらない人は、この2つを混同している可能性があります。正直なところ、この違いは微妙な場合もありますよ。例えば、私は大学を卒業したばかりの頃、副業としてオーダーメイドの家具を作って販売していました。

家具を作るためには、いくつかの重要な道具が必要になります。しかし、私は欲しいものと必要なものの境界線が曖昧で、家具を作るのに必要な道具がすべて揃っていても、副業を理由にして欲しい道具を何でも買っていました。新しい道具が必要なのは、お金を稼いだり貯めたりするのに役立つからだと自分に言い聞かせていたのです。

学生ローンを抱えている

米連邦準備制度理事会(FRB)によると、一般的な学生ローンの支払い額は月に200ドルから299ドルです。そして、人によってはそれよりもはるかに高い金額になっています。言い換えれば、学生ローンの負債は、お金を貯める能力に致命的な打撃を与えるのです。

車の支払いと同じように、毎月の収入の大部分を消費してしまうのですよ。そして、その借金を放置すればするほど、お金を貯めるのに苦労することになります。学生ローンのせいで、年間3,600ドル以上も貯金ができなくなっている可能性があるのです。

家賃を払いすぎている

今の家賃はかなり高いと思います。そして、それはさらに悪化し続けているのです。住宅ローンと同じように、お金を貯めることにも大きな支障が出てきます。目安としては、毎月の家賃は手取り収入の25〜30%程度にとどめるべきです。もし、家賃がそれよりも高く、節約する余裕がないのであれば、新しい賃貸物件を探すことを検討したほうがいいでしょう。

また、ここで「必要なものと欲しいものを混同する」という概念が出てきます。例えば、月に100ドル余計にかかるのであれば、アパートに花崗岩のカウンターは必要ありません。家賃が125ドル高くなるならば、ガレージは必要ないのです。賃貸物件には、あると便利なアップグレードや設備がたくさんありますが、それがあなたの貯金口座を犠牲にするものであれば、その価値はありません。

外食の頻度が多すぎる

毎月、お金がどこに消えているのか、なぜ貯金できないのかと疑問に思っている人は、外食が多すぎるのかもしれません。例えば、食料品の買い出しや食事の計画に熱心に取り組んでいる場合、食費に費やす金額は月に500ドル程度です。

一方、必要以上に外食をしていたら、月の食費予算が膨らむのも無理はありません。外食はおいしくて楽しくて簡単ですが、気をつけないと貯金を大きく崩してしまうことになります。

節約を始めるには

さて、ここまでで、お金を貯められない理由がいくつかわかりました。ここからは、状況を好転させる方法について説明します。次のセクションでは、お金の問題を解決して、最終的にお金を貯め始めるためのヒントをいくつかご紹介しますよ。注意していただきたいのは、簡単に解決できることはないということです。

お金が貯まらないことを克服するには、努力、犠牲、忍耐、そして規律が必要となります。もし誰かが違うと言ったら、それはあなたに嘘をついているということです。とはいえ、もしあなたが経済的な生活を改善するために仕事や戦いをする気があるなら、その努力に見合う報酬を得ることができます。

金銭的な防衛をやめる

正直に言うと、私はパーソナルファイナンスに関しては少しせっかちな傾向があります。妻と一緒に経済的な目標を設定したとき、ゆっくりとしたスケジュールではなく、半分の時間で達成するために2倍の努力をしたいと思っていますよ。言い換えれば、私はファイナンシャルディフェンスが嫌いなのです。

経済状況を好転させたいのであれば、攻撃的な考え方をする必要があります。つまり、予算を立て、請求書を支払い、収入を得て、借金を返済するなど、経済的な責任を果たすことを約束し、守ることです。全速力で前進し、経済状況を改善するために日々努力することですよ。お金の目標を達成するためには、自分でも驚くほどの成果が得られるはずです。

支出をコントロールする

言うまでもないことですが、お金が貯まらないなら、支出を抑える必要があります。お金が貯まらないと嘆いていても、金銭的な習慣を変えようとしないのであれば、意味がありません。支出をコントロールするためには、最低限、予算を立て、毎日支出を記録し、支出を徹底的に削減する必要があります。

支出を抑えるためには、最低限の予算を立て、毎日の支出を記録し、支出を徹底的に減らす必要があるのです。これは、電気代を安くするために、小さな契約をいくつかやめたり、電気を消したりすることではありません。借金がなくなり、6カ月分の緊急資金が用意できるまで、予算から無駄な支出をすべて削ることです。

借金をなくす

借金
もし借金があるなら、できるだけ早く返済しましょう。借金に費やすお金は、お金を節約したり、経済状況を改善したりする機会を逃していることになります。もし、お金を貯めることができないのであれば、生活に少しでも経済的な余裕を持たせるために必要なことをする必要がありますよ。

クレジットカードで借金をしている人は、お金を吸い取るプラスチックを破棄して、返済に取り掛かりましょう。車のローンに何百ドルも使っていてお金が貯まらないなら、車を売って代わりに安い中古車を買えばいいですよ。ナビやバックカメラは必要ありません。必要なのは、緊急時の資金と、純資産の増加です。

積極的に予算を組み、学生ローンを完済しましょう。大学教育は、あなたの収入の可能性を高めるためのものであり、人生の10年間、毎月の支払いに埋没するためのものではありません。借金があると経済的に不利になるので、できるだけ早く借金を解消しましょう。

まずお金を貯める

お金を貯めたいのであれば、お金を貯めることを最優先しましょう。つまり、給料をもらった瞬間に、いくら貯金するかを決めて、そのお金を貯金口座に移すのです。そして、残ったお金で生活しましょう。毎月の貯金額は、使った金額で決めてはいけません。むしろ、貯蓄額によって使える金額が決まるのです。

もっとお金を稼ぐ

どうしてもお金が貯まらないときには、お金を増やすことが一番の解決策になることがあります。借金を返す必要があるが、予算に余裕がない場合には、特に有効です。
お金を増やすには、基本的に2つの方法があります。副業をするか、自分で副業を始めるか、ということです。

1つ目の方法はあまり華やかではないかもしれませんが、副業をすることで毎月の収入が1,000ドル以上増えるので、借金の返済をかなり早く済ませることができます。

副業の場合は、確実性に欠けますが、多くの場合、フルタイムの仕事として成功する可能性がありますよ。熱中できることがあり、それによってお金を稼げるのであれば、これ以上先延ばしにする必要はありません。

ただし、多額の費用がかかるサイドビジネスを始めないように気をつけてください。目的は、お金を稼ぐことで、最終的にお金を貯めることができるようになることです。経済的に余裕が出てきたら、初期費用が必要なビジネスのアイデアを検討してみましょう。

まとめ

お金を貯められない原因はいろいろあります。しかし、時間をかけて節約できない理由を突き止め、その障害を克服する方法を考えれば、経済状況の改善に向けて大きく前進することができるでしょう。この記事がその一助となることを願っています。
 
貯金

-正規の貸金業者から借りたい