正規の貸金業者から借りたい

安全な街金を厳選!振込み融資で日本全国対応、ブラックへの貸付実績もあり!

安全な街金

お金を借りるなら安全な街金で

急な入用で今すぐ現金が必要になり、消費者金融からの借入れを検討している方のなかには、今日中にお金を借りたいのに大手の審査に落ちてしまった、、、という方も多いのではないでしょうか。

ほかにも、

  • 審査に通る自信がない
  • 審査が甘い街金を探している
  • 闇金などの違法業者とは関わりたくない
  • 法外な利息を請求されるのは困る
  • 怖い人に取り立てられるのは嫌だ
  • 大手以外の安全で優良な金融会社を利用したい

という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここでは既に他社で借入れがある方や、大手消費者金融で審査落ちした方でも安心して利用できる、安全な街金業者を紹介しています。

国や都道府県から「資金業」として正式な認可を得た「正規の貸金業者」である上、日本貸金業協会に登録されている業者でもあるので安全です。

スマホやパソコンを使って申し込めば、無担保、保証人なしでも契約ができ、最短即日でご指定の銀行口座へお金を振込んでくれます。

来店不要で振込みによる融資が可能なので、契約する時もお金を返す時もわざわざ店舗へ足を運ぶ必要がなく、誰とも顔を合わせることなくお金を借りることができます。

金融ブラックへの貸付実績がある街金

お金を借りたいけど、どこからも借りれない、、、という方に是非一度、ご検討いただきたい街金融があります。

過去に自己破産をした方や信用情報にキズがある方、他社で断られた方への貸付実績が豊富で、独自の審査基準で親身に対応してくれます。

デイリープランニングのフリーローン

日本全国から申込可能!最短で申し込んだその日に借りれる!

  • 来店不要!最短30分審査、最短即日での振込み融資も可能
    ※申込み後、本人確認の電話(電話番号:03-6284-3674)が繋がらない場合は融資不可
    ※審査は電話によるヒアリング重視で質問が多めですが、特に他社からの借入れがある場合(銀行系の借入も含む)は、決して嘘はつかず、しっかりと誠実に答えましょう!
  • 最小1万円〜最大300万円までの借入れが無担保、保証人なしで可能
  • 20歳以上で収入あればフリーターや主婦の方も申込みOK
  • 本人確認書類(健康保険証or運転免許証など)と収入証明書類(直近2ヶ月分の給与明細書or源泉徴収票)があれば申込み可能
  • 複数の借金の返済でお困りの方は→「貸金業法に基づくおまとめローン」最小50万円から最大600万円までを一本化できる!
  • 審査対象外…健康保険未加入、無職、他社返済を延滞中、虚偽申込み
  • 正規の貸金業者です。
    東京都知事(2)第31698号
    日本貸金業協会会員第005977号

注目ポイント

あなたに最適なローン【デイリーキャッシング】は、最短即日での融資が可能なので、給料日前の急な出費で現金が今すぐ必要!という方におすすめです。複数の借金を抱え、返済のことで頭がいっぱいで日常生活に支障をきたしている方には、他社からのローンをより低い金利で一本化できる「貸金業法に基づくおまとめローン」がおすすめです。クレジットカードのキャッシング枠のおまとめも可能です。
貸付利率 実質年率8.5%~18.0%
融資限度額 1万円~300万円
対象年齢 満20歳以上
来店 不要
対象地域 全国
担保・保証人 原則不要
審査回答 最短30分
即日融資 ◯(審査次第)
パート・アルバイト ◯(本人に安定した収入がある方であればご利用可能。)
主婦 ◯(本人に安定した収入がある方であればご利用可能。)
過去に自己破産 審査可能
過去に債務整理 審査可能
国民健康保険 審査可能
他社借入あり 審査可能

 

土地や家を担保にして融資を受けたい方へ

トラストホールディングス

土地や持ち家などの不動産を担保にして低金利でお金を借りれる有担保ローン

  • 二番抵当・三番抵当、借地権・底地権、共有持分のみでもOK
  • 有担保だから低金利《年利3.45%〜7.45%
  • 低金利だから長期借入れも可《返済期間は最長30年
  • 総量規制オーバーの融資も可《融資額は100万円〜10億円》※10億円以上は要相談
  • 借りたお金の使いみちは自由
  • ローンの借り換え、借金のおまとめに最適
  • 最短で即日融資も可能
  • 家族や勤務先に内緒にもできる
  • 日本全国対応《遠方でもお気軽にご相談ください
  • 注:事務手数料(0%~5.50%)、期限前返済違約金の負担あり《契約前に必ずご確認ください

注目ポイント

不動産担保ローンのトラストホールディングス株式会社は、過去に自己破産や債務整理などの金融事故歴がある方や、現在、税金を延滞中の方、事業内容が悪く赤字決算の事業主の方への融資実績が豊富です。
貸付利率 年3.45%~7.45%(事務手数料を含めた場合、年15.0%以内)
融資限度額 100万円〜10億円 ※10億円以上は要相談
対象年齢 満20歳以上
対象地域 全国
担保 不動産(土地、建物、マンション、アパートなど)
保証人 必要な場合あり
審査回答 最短即日(通常3営業日)
融資スピード 通常、申込みから3営業日(平日申込み、午前中の契約完了で最短当日融資も可)
融資方法 口座振込み
返済方法 口座振込み
返済方式 自由返済方式、一括返済方式、元利均等返済方式、元金均等返済方式
返済期間・回数 1ヶ月~30年・1回~360回
事務手数料 融資額に対し 0%~5.50%
※但し実質年率換算で出資法の範囲内。
期限前返済違約金 返済元金に対し 0%~5.50
※但し実質年率換算で出資法の範囲内。
パート・アルバイト ○(不動産担保があればOK)
主婦 ○(不動産担保があれば専業主婦でもOK)
過去に自己破産 審査可能
過去に債務整理 審査可能
国民健康保険 審査可能
他社借入あり 審査可能

上記以外の中小はコチラ

\来店不要!最短即日での融資も可能/
お金を借りるなら安全な消費者金融で!

 

お申し込む前にご確認ください

今までに審査に通った方の傾向(一例)

  • 正社員としての勤続年数が3年以上ある方
  • 他社借入れが大手消費者金融のみの方
  • アルバイトやパートでも勤続期間が長い方

※上記は審査を通過することを保証するものではありません。たとえ上の傾向に該当していてもご要望に沿えない場合もあります。

審査に落ちてしまう方の傾向(一例)

  • 他社で借金を延滞し、そのままにしている方
  • 同時に複数の金融業者へ申込みしている方
  • 携帯電話や自宅の電話番号の入力が間違っている方
  • 申し込み後にかかってくる本人確認の電話にでない方
  • 実際は他社からの借入があるのに「借入がない」と申告する方、他社からの借入金額を偽る方
  • 既に年収の1/3近い借入が他社にある方
  • 無職の方

※上記は一例のため、上記以外でもお客様のご状況によってご利用いただけない場合があります。

節約の基本は無駄な習慣と時間を見直すこと

「節約」というと、食費の削減や無駄遣いを減らすなど、身近なことから見直す方が多いと思います。

お金を貯めるためには、まずは毎月の固定費をチェックして下さい。見落としがちな固定費だからこそ、支出を大きく減らすことが可能です。

一般的な家庭に潜む、見直すべきものについてご紹介します。
 
節約する女性

ポイントカードを見直す

あなたは、ポイントカードを何枚持っていますか?店員さんに勧められるがままにポイントカードを作り、気がついたらお財布の中がパンパンになっている、なんてこともあるのではないでしょうか。

ポイントを貯めるために、利用する店も決めてコツコツと貯めている人もいますが、有効期限内に目標のポイント数を貯めるために、無駄な買い物をしている人がいます。

そもそも、ポイントカードは、消費者の購買意欲を促進させるためにあるものなので、ポイント目当てで買い物をすることは、無駄使いしているのと同じです。

ポイントカードを減らすことで、無駄な買い物が減り、お財布の中もスッキリします。

お金の使い道を考える

お金の使い方には、消費・浪費・投資の3種類があります。

  • 消費:生活するために必要なものの購入、使用料としての支払い全般
  • 浪費:生活に必要でないものの出費、無駄使い
  • 投資:将来の自分にとって有効につながるお金の使い方

お金を貯めるためには、浪費を減らすとともに、必要以上に偏った消費の一部を減らすことが必要です。

「お金は極力使わない」のではなく、バランスよく消費し、自分への投資は積極的に使うことで、生活に変化が生まれ、人生が豊かになっていきます。

まずは、住居費・食費・交際費などのすべての支出を消費・浪費・投資に分類してみて下さい。交際費などは浪費に分類する人もいれば、仕事の人脈を増やすための投資と分類する人もいます。

大切なのは、いくら使ったのかではなく、何に使ったのかです。消費・浪費・投資のバランスを考えながらお金を使いましょう。

理想的なバランスは、「消費70%、浪費5%、投資25%」と言われていますが、制限しすぎるとストレスになって、お金を貯めることが苦痛になります。時には無駄も許容することが、貯金を続けるコツです。

バーゲンはお得ではない

バーゲンセールというと、安くてお得に買い物ができるイメージがあります。

以前から欲しかった商品が安くなっていればいいのですが、割引の値札を見て、欲しいと思っていなかった商品をつい買ってしまい、後で後悔することがあります。

このような商品は、本当に欲しいものではないので、手に入れても満足感を得ることができません。

バーゲンは、安くてお得な商品を探しに行くのではなく、欲しいと思っていた商品を、お得な値段で買える場所と考えましょう。本当にいい買い物とは、手に入れたときに幸福感や充足感が得られる買い物です。

あったらいいなと思うものは必要な時に買う

お金が貯まらない人は、「あると便利」や「いつか使うかもしれない」という理由で、使う予定もないものをなんとなく買ってしまいがちです。

「あると便利」「いつか使うかもしれない」ものは、必要な時に買えばいいのです。

これは、物欲を我慢しているわけではないので、ストレスなく無駄な出費を減らすことができます。

まとめ買いで損をしている?

お店に行くと「1個100円、2個買うと180円」など、まとめ買いするとお得な商品があります。

まとめ買いは、単品で買うよりもお値打ちで、どうせ買うならまとめて買わないと損をする気がしてしまいます。

しかし、お得に見えるまとめ買い価格は、値引き額だけを見ると数十円や数百円程度です。さらに、まとめ買い価格は、激安価格ではないことがほとんどです。

まとめ買いして家にストックしなくても、近いうちに同じような価格で販売されることはよくあります。まとめ買いした後に、特売の単品の方が安い時にはショックを受けます。

リボ払いはしない

リボ払いとは、どれだけ買い物をしても、毎月一定の金額を返済すれば良いという支払い方法です。

計画的に買い物をしていても、突発的な出費というのはあります。そのような想定外の出費があると、一定額だけ返済するリボ払いを使いたくなってしまいます。

しかし、リボ払いの金利は、約15%です。銀行にお金を預けてもらえる利息の、100倍近くの利息を払うことになるのです。

すでにリボ払いを利用しているのであれば、貯金を解約してでもすべて返済しましょう。一時的に貯金が無くなったとしても、長い目でみれば大きな財産となります。

クレジットカードがあると、つい使いすぎてしまうという人には、デビットカードがオススメです。

デビットカードは、クレジットカードと異なり、引き下ろし口座に入っている金額を上限とした利用しかできないので、使いすぎる心配はありません。

コンビニスイーツよりもスイーツバイキング

最近は、コンビニのスイーツにも美味しいものがたくさんあり、24時間いつでも買うことができてしまいます。フラっとコンビニに寄ったついでに、スイーツを買ってしまう人もいるのではないでしょうか。

コンビニスイーツは200円〜300円、中には500円くらいの商品もあります。これをコンビニに行くたびに買っていると、1ヵ月で2,000円〜3,000円程度は使っていることになります。

費用対効果を考えるのならば、数ヶ月に1度、ホテルなどのスイーツバイキングに出かけるほうがオススメです。

コンビニスイーツ1ヶ月分の料金で、1度に大量のスイーツを食べられるので満足度も高く、支出を押さることができます。

まとめ

その他にも、削れる固定費はたくさんあります。あてはまるものがあれば積極的にそぎ落とし、貯められるお金を増やしましょう。

削減できる無駄な固定費7選

  1. 人脈形成につながらない、お付き合いの飲み会
  2. 飲み会帰りのタクシー代
  3. デパートのお惣菜や、お取り寄せ食品などの高額な食費
  4. よくわからないまま契約した生命保険料
  5. あまり乗らない車、ガソリン代、駐車場代など
  6. あまり通っていないスポーツクラブの会費
  7. ほとんど読まない新聞代

節約する女性

-正規の貸金業者から借りたい
-